知らないと損をする!?外壁塗装の基礎知識

知らないと損をする!?外壁塗装の基礎知識

外壁塗装に時期は関係ある?

住宅も新築の状態から10年も経過するといよいよ外壁も汚れてきてしまいますね。外壁塗装リフォームをする時期は平均的には新築住宅を建築してから15年ぐらいと言われていますので、大体15年から20年目を目安に外壁塗装を考えるとよいでしょう。では、外壁塗装をするのに時期は関係あるのでしょうか。この時期は塗装に向いているという時期は確かにあります。その一方で、この時期に塗装をするのは辞めておいた方がいいんじゃない?という時期もありますね。

夏場は塗料が伸びやすい!?

まず、夏場に外壁塗装リフォームをする場合はどうでしょうか?夏場の特徴としては、とても強い紫外線を浴びることになります。塗料も寒い時期に比べると、どうしても柔らかくなってしまいます。塗料が柔らかくなると、外壁塗装全体が薄くなりますので、その分費用が安くなるということもあるのですね。その反面、塗料が薄くなることで、撥水性や防水性が劣ってしまうことも考えられるのです。また、夏場は突然強い雨が降りますので、この時には工事が中断してしまいます。

冬場は費用が高くなるの?

では、冬場はどうでしょうか。冬場に関してはたくさん雪が降る地方と、雪があまり振らない地方とでは考え方が違いますね。雪が降る地方は、夏場に雨が降るのと同じであまり外壁塗装にふさわしくありません。しかも寒いと塗料の伸びが悪くなり、かなり厚めに塗ることになってしまうのですね。その分費用は掛かりますので若干請求額が高くなるかもしれませんが、厚塗りをしているおかげで耐久性が上がるというメリットも考えられるのです。

劣化箇所のアパート塗装なら千葉です。クラックの検査から補修まですべて一つの塗装屋に依頼するだけで作業してくれます。