予算との兼ね合いを!マンションと資金計画について

予算との兼ね合いを!マンションと資金計画について

予算をオーバーしてしまったときは

新築マンションを購入するときでも、また中古マンションを買う時でも、計画的な資金繰りはとても大事になってきますよね。しかし希望の条件に合わせてマンションを探していると、ついつい予算をオーバーしてしまうなんてこともよくあったりします。もちろん、予算にすべてを納めることができればそれに越したことはありませんが、たとえ予算をオーバーしてでも手に入れたいマンションというのもありますよね。そういう時はどうしたらよいのでしょうか。

援助をこうという手もある

予算をオーバーしてでも解体マンションがあった場合、その時点であきらめないで、何とかあがいてみるのもひとつの手ですよ。もしお金が足りないということになったら、ダメもとでも親や親戚に資金援助を頼んでみましょう。その分の頭金を増やすこともできますね。親などから資金の援助を受ける場合は贈与税などの問題も生じてきますが、その年によって優遇措置が受けられるという場合もあるので、税務署で確認をしてみると良いでしょう。

希望条件を再考してみる

希望条件のどこに重きを置くかでも、予算編成は変わってくるものですよね。住みたいエリアを重視するのか、それとも住宅の設備を重視するのかでも大きくマンションの値段は変わってくるものです。つまり、妥協点を探ることによって、どうしても譲れない部分の予算を確保するということです。また、目線を少し変えてみるだけでも大きな変化を得ることが可能だったりもします。たとえば、より専有面積を削って正方形の間取りにしたら、動線が集中したために家族のコミュニケーションが増えたなんてことも。削れるべき予算は削るようにすると、よりこだわりを持ってマンション探しができますよ。

新築マンションの値引き交渉をする方法としては、売れ残りの物件の場合に、他のマンションと迷っている素振りを見せると、交渉がスムーズにいきやすく、効果的です。