これからリフォームする人必見!外壁塗装の基本のキ

これからリフォームする人必見!外壁塗装の基本のキ

外壁塗装の大事な役割とは?

外壁はモルタルなど砂とセメントと水を混ぜた塗り壁系とサイディングなどボード状になった素材が一般的で、手入れのし易さや値段の安さ・技術の不必要性などでサイディングが選ばれる傾向にあります。外壁は塗装の皮膜によって守られていますが、皮膜が経年劣化・日焼けなどで破れると下地に影響が出て、柱や土台など構造部分まで劣化を進行させてしまいます。外壁塗装は見た目を良くするだけでなく、構造部分の寿命を延ばす役割を担っています。

塗装のタイミングとは?

塗装も永久的な効果を得られる訳ではないので、タイミングを見て点検・塗装・交換を行います。モルタルなどは5年毎に点検・10年毎に塗り替えを行い、半永久的に繰り返します。サイディングなども5年毎に点検・10年毎に塗装塗り替えが必要ですが、25~30年に一度サイディングの交換が必要になります。但し、環境や材料の素材によっても変わってきますので5年毎の点検を行って様子を見ます。乾燥・紫外線・熱によって反ったり腐食していたら対策を行います。

どの塗料を使えば良いの?

一番頻度の高いひび割れは雨などが入り込むと厄介で、下地を早くに傷めてしまいます。そんな時に補修後に塗る塗料は樹脂塗料が選ばれますが、橋やビルなどに使われるフッ素樹脂塗料は耐用年数も長く耐久性が高いのですが、値段が高く一番安いアクリル樹脂の約3倍となります。一番リフォームで使用されるウレタン樹脂とシリコン樹脂は耐用年数が8~10年と長く、汚れにも強いので選ばれています。耐用年数以外にも遮熱や断熱など役割を考慮して塗ります。

外壁塗装を千葉で依頼する方法は業者の内容を確かめ、かかる費用や効果などを考えて自分に適した内容を探す必要があります。